カーディフDF、非ホジキンリンパ腫と診断され化学治療開始。2014年W杯では日本代表戦など3試合でプレー

2021年01月12日(Tue)11時20分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

スレイマン・バンバ
【写真:Getty Images】

 チャンピオンシップ(イングランド2部)のカーディフ・シティFCが11日、トップチームに所属する35歳の元コートジボワール代表DFスレイマン・バンバが非ホジキンリンパ腫と診断されたことを発表した。

【今シーズンのプレミアリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 クラブによると、バンバは非ホジキンリンパ腫を克服するための化学治療を開始したとのこと。バンバについてカーディフは「彼は前向きな精神で戦いを始めている。これにはブルーバード(カーディフの愛称)ファミリーの存在が不可欠だ」とコメントしている。

 バンバはパリ・サンジェルマンでプロキャリアをスタートさせた後、レスター・シティやトラブゾンスポル、パレルモなどへの移籍を経験。2016年8月にリーズ・ユナイテッドFCを退団後、同年10月にフリーでカーディフに加入した。

 すると、加入初年度はセンターバックとして公式戦31試合に出場。2017/18シーズンはリーグ戦46試合で4得点1アシストを記録し、カーディフのプレミアリーグ昇格に大きく貢献した。今季は公式戦6試合に出場している。コートジボワール代表としては通算49試合に出場し、2014年ワールドカップでは日本代表戦など3試合でプレーしていた。

【フットボール批評がプレミアリーグを大特集。BIG6一辺倒はもう古い。エバートン、アストン・ヴィラ、レスター…。謀略者たちの頭脳を知るには↓↓↓をクリック】


30号_表紙_fix

『フットボール批評issue30』


定価:本体1500円+税
プレミアリーグ謀略者たちの兵法

≪書籍概要≫
監督は謀略者でなければならない。それが世界最高峰の舞台であるプレミアリーグであればなおのことだ。さらに中堅以下のクラブを指揮している場合は、人を欺く行為こそ生存競争を勝ち抜くために必要な技量となる。もちろん、ピッチ上における欺瞞は褒められるべき行為で、それこそ一端の兵法と言い換えることができる。
BIG6という強大な巨人に対して、持たざる者たちは日々、牙を研いでいる。ある監督は「戦略」的思考に則った「戦術」的行動を取り、ある監督はゾーン主流の時代にあえてマンツーマンを取り入れ、ある監督は相手によってカメレオンのように体色を変え、ある監督はRB哲学を実装し、一泡吹かすことだけに英知を注ぐ。「プレミアの魔境化」を促進する異能たちの頭脳に分け入るとしよう。



詳細はこちらから


【了】

新着記事

↑top