バルセロナ、第2GKのアーセナル行き認めず。移籍直訴を拒否と監督明かす

2021年01月17日(Sun)16時55分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,

ノルベルト・ムラーラ・ネト
【写真:Getty Images】

 バルセロナのロナルド・クーマン監督は、アーセナルなどへの移籍の可能性が噂されたブラジル代表GKネトの放出に応じない姿勢を明確にした。スペイン紙『マルカ』などが伝えている。

【今シーズンのバルセロナはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 2019年にバレンシアからバルサに加入した31歳のネトだが、これまで1年半で公式戦出場は14試合のみ。獲得に関心を寄せているクラブもあるとみられ、特にアーセナルが正守護神GKベルント・レノと競争させるため獲得を検討しているとも報じられていた。

 だがクーマン監督は16日の会見で、ネトから移籍の要望があったことを認めながらも退団には応じない姿勢を示した。「代理人から退団の要請があったが、我々の返事はノーだ。彼は我々にとって重要なGKだ。全てのポジションをカバーしておきたいと考えている」と指揮官はコメントしている。

 過去にフィオレンティーナやユベントスにも所属したネトは、バレンシアではレギュラーとして2年間プレー。今季バルサでは正守護神マルク=アンドレ・テア・シュテーゲンの負傷の穴を埋めて序盤戦にゴールを守ったが、テア・シュテーゲンの復帰後は控えに戻っている。

【了】

新着記事

↑top