好調・鈴木優磨が不発、シュミット・ダニエルはあわや…。シント=トロイデンが3試合ぶり黒星

2021年01月24日(Sun)4時30分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

鈴木優磨
【写真:Getty Images】

【シント=トロイデン 0-2 ムスクロン ベルギー1部第21節】

 ベルギー1部リーグ第21節のシント=トロイデン対ムスクロンが現地時間23日に行われた。試合は0-2でホームのシント=トロイデンが敗れた。シント=トロイデンのFW鈴木優磨とGKシュミット・ダニエルはフル出場した。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 鈴木の2試合連続2ゴールもあって調子を上げている15位シント=トロイデンと、勝ち点5差で16位のムスクロンの下位対決。勢いがあるのはシント=トロイデンに思われたが、序盤から苦戦を強いられる。

 開始10分、GKシュミットに危ういシーン。バックパスを受けて右足でトラップ、少し助走を取ってフィードを出そうとしたところ、相手に詰められてブロックされた。幸運にもこのボールはクロスバーに当たるが、こぼれ球を相手に拾われてさらにピンチ継続。それでも、相手のシュートが正面で、シュミットがセーブ。難を逃れた。

 それでも先制したのはムスクロン。33分、右サイドからクロスを入れると、中途半端なクリアボールをシランニがボレーで捉えてリードを奪う。

 後半に入って反撃を目指すシント=トロイデンだったがゴールを奪えない。88分には前がかりになっているところでカウンターを浴びると、相手の1対1をシュミットがファウルで止めてPKを献上。これを決められて勝敗が決した。

【得点者】
33分 0-1 シランニ(ムスクロン)
89分 0-2 モハメド(ムスクロン)

【了】

新着記事

↑top