クラブワールドカップが開幕!ティグレスがアジア王者・蔚山現代下し準決勝進出【クラブW杯】

2021年02月05日(Fri)6時38分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , ,

ジニャック
【写真:Getty Images】

【ティグレス 2-1 蔚山現代 クラブワールドカップ準々決勝】

 クラブワールドカップ準々決勝、UANLティグレス対蔚山現代が現地時間4日に行われた。北中米カリブ海王者のティグレスが2-1の勝利を収めた。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】

 クラブワールドカップ2020がついに開幕。今年は新型コロナウイルス感染症の影響により、オセアニア王者のオークランド・シティが参加辞退。そのため、準々決勝からのスタートとなる。開幕戦は北中米カリブ海王者のティグレスとアジア王者の蔚山現代が激突した。

 先制したのは蔚山現代。24分、ビッカラムの左CKにキム・ギヒが頭で合わせ、ゴールネットを揺らした。続く38分、ティグレスが同点に追いつく。右CKからレジェスがニアでヘディング。中央でフリーとなったジニャックがダイレクトシュートでゴールに突き刺した。

 さらに前半AT、蔚山現代のハンドでティグレスがPKを獲得。このPKをジニャックが決め、ティグレスが逆転に成功した。後半は両者得点ならず。ティグレスが2-1の逆転勝利を収め、準決勝進出となった。準決勝では南米王者のパルメイラスと対戦する。

【得点者】
24分 0-1 キム・ギヒ(蔚山現代)
38分 1-1 ジニャック(ティグレス)
45+5分 2-1 ジニャック(ティグレス)

【了】

新着記事

↑top