FA杯失格を寸前で回避…対戦相手ボーンマスの“紳士的”対応に救われたバーンリー

2021年02月10日(Wed)18時50分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

バーンリー対ボーンマス
【写真:Getty Images】

 出場停止の選手を誤って先発メンバーに含めようとしたチームが、対戦相手からの指摘を受けて失格の危機を免れた。英紙『デイリー・メール』など複数メディアが伝えている。

【今シーズンのプレミアリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 現地時間9日に行われたFAカップ5回戦の試合でバーンリーとボーンマスが対戦。バーンリーは試合に先立ち公式SNSで先発メンバーを発表したが、そこに含まれていた元オランダ代表DFエリック・ピーテルスは、警告累積で出場停止処分を受けているはずの選手だった。

 メンバーはキックオフ前に変更され、ピーテルスに代わって若手DFアンソニー・ドリスコル=グレノンが先発。クラブSNSでは「管理上のミスがあった。エリック・ピーテルスは今夜プレーしない」と説明していた。

 出場資格のない選手がピッチに立てばバーンリーは失格となっていた可能性が高いが、寸前で回避した形となった。ショーン・ダイチェ監督は試合後に、対戦相手のボーンマスから指摘を受けたとして感謝の言葉を述べた。

「見落としだった。我々は気が付いていなかった。ボーンマスが知らせてくれて、キックオフ前になんとかすることができた。ボーンマスは非常に紳士的に、出場資格のない選手がいるようだと伝えてくれた」と監督は語っている。

 試合はボーンマスが2-0の勝利を収めて準々決勝進出。バーンリーはいずれにしても大会を終えることになったが、失格による不名誉な敗退は避けることができた。

【フットボール批評がプレミアリーグを大特集。BIG6一辺倒はもう古い。エバートン、アストン・ヴィラ、レスター…。謀略者たちの頭脳を知るには↓↓↓をクリック】


30号_表紙_fix

『フットボール批評issue30』


定価:本体1500円+税
プレミアリーグ謀略者たちの兵法

≪書籍概要≫
監督は謀略者でなければならない。それが世界最高峰の舞台であるプレミアリーグであればなおのことだ。さらに中堅以下のクラブを指揮している場合は、人を欺く行為こそ生存競争を勝ち抜くために必要な技量となる。もちろん、ピッチ上における欺瞞は褒められるべき行為で、それこそ一端の兵法と言い換えることができる。
BIG6という強大な巨人に対して、持たざる者たちは日々、牙を研いでいる。ある監督は「戦略」的思考に則った「戦術」的行動を取り、ある監督はゾーン主流の時代にあえてマンツーマンを取り入れ、ある監督は相手によってカメレオンのように体色を変え、ある監督はRB哲学を実装し、一泡吹かすことだけに英知を注ぐ。「プレミアの魔境化」を促進する異能たちの頭脳に分け入るとしよう。



詳細はこちらから


【了】

新着記事

↑top