エバートンのアンチェロッティ監督、トップ4入りに自信。「絶好の機会だ」

2021年03月02日(Tue)16時10分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

カルロ・アンチェロッティ
【写真:Getty Images】

 エバートンを率いるカルロ・アンチェロッティ監督がプレミアリーグトップ4入りに自信を示している。クラブ公式サイトに同監督のコメントが掲載されている。

【今シーズンのプレミアリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 プレミアリーグ第26節、エバートン対サウサンプトンが現地時間1日に行われた。エバートンが1-0の勝利を収めた。

 南野拓実を負傷で欠くサウサンプトンをホームで迎え撃ったエバートン。リシャルリソンの開始9分のゴールを守りきり、1-0の勝利となった。現在7位のエバートンはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位ウェストハムとは勝ち点差2。来季のCL出場権獲得は射程圏内となっている。

 試合後のインタビューに答えたアンチェロッティ監督は「トップ4に入る絶好の機会だ。その順位に達することができると思う」などと話し、自信を示している。

 果たして、アンチェロッティ監督はエバートンをCLに導くことができるだろうか。

【フットボール批評がプレミアリーグを大特集。BIG6一辺倒はもう古い。エバートン、アストン・ヴィラ、レスター…。謀略者たちの頭脳を知るには↓↓↓をクリック】


30号_表紙_fix

『フットボール批評issue30』


定価:本体1500円+税
プレミアリーグ謀略者たちの兵法

≪書籍概要≫
監督は謀略者でなければならない。それが世界最高峰の舞台であるプレミアリーグであればなおのことだ。さらに中堅以下のクラブを指揮している場合は、人を欺く行為こそ生存競争を勝ち抜くために必要な技量となる。もちろん、ピッチ上における欺瞞は褒められるべき行為で、それこそ一端の兵法と言い換えることができる。
BIG6という強大な巨人に対して、持たざる者たちは日々、牙を研いでいる。ある監督は「戦略」的思考に則った「戦術」的行動を取り、ある監督はゾーン主流の時代にあえてマンツーマンを取り入れ、ある監督は相手によってカメレオンのように体色を変え、ある監督はRB哲学を実装し、一泡吹かすことだけに英知を注ぐ。「プレミアの魔境化」を促進する異能たちの頭脳に分け入るとしよう。



詳細はこちらから


【了】

新着記事

↑top