長友佑都、リールに0-2敗戦でチーム最低タイの評価。「いつも遅れていた」

2021年03月04日(Thu)16時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

長友佑都
【写真:Getty Images】

 リーグアン第28節、リール対マルセイユが現地時間3日に行われた。マルセイユが0-2の敗戦を喫した。マルセイユに所属する日本代表DF長友佑都はフル出場、DF酒井宏樹は出場停止のため欠場した。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 均衡が破れたのは終盤の90分、リールのジョナタン・イコネのシュートをマルセイユのGKスティーヴ・マンダンダが一度弾くも、こぼれ球をリールのジョナサン・デイビッドに押し込まれ、マルセイユが失点。その4分後、再びデイビッドがゴールを決め、リールが追加点。試合はこれで終了し、マルセイユは0-2の敗戦を喫した。

 フランス『maxifoot』は長友にチーム最低タイとなる「3」をつけた。「彼は特にDF面で苦戦した。イコネのスピードに対応できず、いつも遅れていた。特に最初のリールのチャンスとデイビッドの先制点の場面においてだ」と厳しい評価を下している。

 厳しい評価を与えられた長友。次の出場機会で挽回することができるだろうか。

【了】

新着記事

↑top