歴代PK得点王は誰だ? プレミアリーグPK成功数ランキング6~10位。23本100%の英雄とは?

試合の勝敗に大きな影響を与えるPKが最もうまい選手は誰なのか。プレミアリーグが開幕した1992/93シーズンから現在までのPKの結果を集計。PK成功数をランキング形式で紹介する。※データは『transfermarkt』を参照。2021年3月14日時点。成功数が並んだ場合は成功率で順位を決定

2021年03月16日(Tue)6時10分配信

シリーズ:PKランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , ,

10位:マンU黄金期を支えたストライカー

ウェイン・ルーニー
【写真:Getty Images】

FW:ウェイン・ルーニー
生年月日:1985年10月24日(35歳)
プレミア所属クラブ:エバートン、マンチェスター・ユナイテッド
プレミア通算成績:498試合/208得点111アシスト
PK成功数:23回(成功率69.7%)


【今シーズンのプレミアリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 クリスティアーノ・ロナウド(現ユベントス)らと共にマンチェスター・ユナイテッドの黄金期を支えたウェイン・ルーニーは、プレミアリーグにおいて33回PKを蹴ってきた。ユナイテッド時代に27回、そしてエバートン復帰後に6回。その中で23本を成功させている。

 ルーニーがプレミアリーグで初めてPKを成功させたのが2009/10シーズンの第4節アーセナル戦だ。アンドレイ・アルシャビンにゴールを許して0-1で迎えた58分、味方のスルーパスに抜け出したルーニーがGKマヌエル・アルムニアに倒されビッグチャンスをゲット。これを自ら沈めた。なお、ユナイテッドはその後アブ・ディアビのオウンゴールを誘発し、2-1で逆転勝利している。

 1試合で2本PKを決めたのは2回ある。2009/10シーズンの第14節ポーツマス戦と、2011/12シーズンの第24節チェルシー戦だ。当時ポーツマスのGKを務めていたのはアスミル・ベゴヴィッチ、チェルシーはペトル・チェフだった。なお、ルーニーがPKを決めた試合では1度も負けたことがなかった。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top