パス成功率0%なのにヒーロー! 逆転勝利の立役者、元イタリア代表FWが残した極端すぎるスタッツとは?

2021年03月18日(Thu)8時42分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

0318Zaza_getty
【写真:Getty Images】

【トリノ 3-2 サッスオーロ セリエA第24節】

 セリエA第24節、トリノ対サッスオーロが現地時間17日に行われ、3-2でトリノが勝利した。17位に沈むトリノは、3試合ぶりに勝ち点3を獲得している。

【今シーズンのセリエAはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ドメニコ・ベラルディが前半に2点を決め、サッスオーロが2点を先行する。データサイト『Whoscored.com』によると、前半だけでトリノは9本のシュートを記録。4本の枠内シュートを放ったが、前半を無得点で終えている。

 2点を追うトリノは選手交代で流れを変えようとする。ハーフタイムに2枚の交代カードを切ると、56分にはアメル・ゴヤク、72分にはシモーネ・ザザを投入。1月にトリノに赴いたダビデ・ニコラ監督が積極的に交代カードを切ると、ここからトリノの逆転劇が始まった。

 77分にトマス・リンコンが頭で落としたボールに、ザザが右足を振り抜いて1点を返す。ゴヤクのミドルシュートは相手DFに当たってコースが変わった。GKが弾いたボールをロランド・マンドラゴラが押し込み、87分に試合を振り出しに戻している。

 試合は2-2で後半アディショナルタイムに突入したが、劇的な展開が待ち受けていた。クリスティアン・アンサルディが左サイドからクロスを上げると、ファーサイドに走りこんだザザが頭で合わせる。ボールはゴールネットを揺らし、トリノは逆転勝利を収めた。

 元イタリア代表FWのザザは、わずか30分ほどのプレー時間で逆転勝利の立役者となった。『Whoscored.com』の集計ではこの試合で3本のパスを記録しているが、成功率は0%。2本のシュートがともにゴールとなった。

 FWに様々な役割が求められるようになって久しいが、これほどまでに極端なスタッツは珍しい。それでも、ザザはゴールを決めるというストライカーの本分を全うした。


【動画】パス成功率0%のFWが見せた殊勲のゴールはこちら!


視聴方法:YouTubeで見るをクリック

【了】

新着記事

↑top