リアム・デラップ
【写真:Getty Images】

 レアル・マドリードは、マンチェスター・シティに所属する18歳のFWリアム・デラップの獲得に関心を示しているとみられている。英紙『デイリー・スター』が伝えた。

【今シーズンのレアル・マドリーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ダービー・カウンティの下部組織で育ち、2019年にシティへ移ったデラップは、昨年9月に行われたカラバオ・カップ(リーグ杯)のボーンマス戦でトップチームにデビュー。17歳で先発に抜擢され、いきなり先制ゴールを挙げて勝利に貢献した。

 その数日後にはプレミアリーグにもデビューを飾った。トップチームでの出場はまだ少ないが、U-23チームの参戦する「プレミアリーグ2」では今季15試合の出場で20ゴールを挙げて得点ランキング首位を独走している。

 シティとは2023年までの契約を交わしているが、その活躍ぶりにはマドリーも目をつけているようだ。代理人と接触して関心を伝え、成長を見守り続けていると報じられている。

 リアム・デラップの父親は、ストーク・シティなどでプレーしてロングスローの名手として知られたロリー・デラップ氏。ロリー氏はアイルランド代表だったが、息子のリアムはこれまでイングランドの年代別代表でプレーしている。

【了】

新着記事

↑top