アーセナル、スーパーリーグ騒動でオーナーが指揮官らに謝罪。「私は受け入れた」とアルテタ監督

2021年04月22日(Thu)22時02分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

ミケル・アルテタ
【写真:Getty Images】

 アーセナルのミケル・アルテタ監督が、オーナーのスタン・クロエンケ氏から謝罪を受けていたことを明かした。英『スカイ・スポーツ』などが22日に伝えている。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 アーセナルは18日、ヨーロッパ・スーパーリーグに参加することを表明したが、20日にはプレミアリーグから参加する予定だった6クラブが撤退を決めている。アーセナルも他のクラブと同様、周囲から厳しい非難を浴びた。そのため、クラブ公式サイトを通じて謝罪している。

 クラブのトップは、公だけでなく、チームにも謝罪をしていたという。

 クロエンケ氏から連絡があったかと問われたアルテタ監督は、「もちろん」と返答。「彼らはフットボールクラブを運営する上で最大の責任を背負っている。そして、『チームの邪魔をしてしまって申し訳ない』と言われた。そして選手たちにもメッセージを伝えた。求めることはそれだけだし、私は受け入れたよ」と明かしている。

 さらに指揮官は「ニュースが報じられる少し前に知った。その頃には完全に制御不能で、世界中が反応した。それについて熟考する時間はなかった。すでに大きなツナミが押し寄せていたんだ」と述べた。「ビナイ(・ベンカテシャムCEO)から声がかかり、何が起きているのかをざっくり説明してもらった。彼は私に対して、とても明確でクリアだった」とコメント。「我々が知ることができなかった理由は分かる。我々は決定に関与していなかった」と語り、今回の件は寝耳に水だったとしている。

【了】

新着記事

↑top