欧州スーパーリーグ、米大手銀行も撤退。「明らかに見誤った」

2021年04月23日(Fri)19時45分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

フロレンティーノ・ペレス会長
【写真:Getty Images】

 ヨーロッパ・スーパーリーグ構想は、構想のまま終わりへと向かっている。すでに多くのクラブが撤退を決めたあと、資金源となるはずだったアメリカ大手銀行JPモルガン・チェースも撤退を発表した。英『スカイ・スポーツ』などが23日に伝えている。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 JPモルガンはスーパーリーグ構想に資金面で関与することになっていた。約40億ユーロ(約5200億円)の資金を投入することで合意していたと言われている。

 しかし、大きな反発を受けてほとんどのクラブが撤退を決断。JPモルガンにも非難の対象になっていた。

 これを受けてJPモルガンは声明を出し、「我々はこの取引がより広いサッカーコミュニティにおいてどのように受け取られるか、そして、それが将来にどう影響するのかを明らかに見誤った。我々はここから学びたいと思います」と述べ、過ちを認めている。

【了】

新着記事

↑top