プレミアリーグ
【写真:Getty Images】

 イングランド・プレミアリーグは27日に、新たに創設された「ホール・オブ・フェイム(殿堂)」の候補として投票対象となる元選手23名を発表した。

【今シーズンのプレミアリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 プレミアリーグでは1992年の設立から現在までに優れた実績を残した選手たちを称えるため“殿堂”を新設。26日には最初の殿堂入り選手として元イングランド代表FWアラン・シアラー氏と元フランス代表FWティエリ・アンリ氏の2人が発表されていた。

 2021年度にはシアラー氏とアンリ氏に加えて他に6人が殿堂入りとなる。候補23人を対象としたファン投票が5月9日までに行われ、得票数上位の6名が選出される。

 今回の殿堂入りの対象となるのは2020年8月までに現役を引退した元選手たち。マンチェスター・ユナイテッドやアーセナル、チェルシーなどで数々のタイトル獲得に貢献した名選手たちや得点王経験者など、いずれもリーグの歴史に残るレジェンド23人がノミネートされた。

 プレミアリーグ殿堂入りの投票対象となる候補23名は以下の通り。

トニー・アダムス
デイビッド・ベッカム
デニス・ベルカンプ
ソル・キャンベル
エリック・カントナ
アンディ・コール
アシュリー・コール
ディディエ・ドログバ
レス・ファーディナンド
リオ・ファーディナンド
ロビー・ファウラー
スティーブン・ジェラード
ロイ・キーン
フランク・ランパード
マシュー・ル・ティシェ
マイケル・オーウェン
ピーター・シュマイケル
ポール・スコールズ
ジョン・テリー
ロビン・ファン・ペルシ
ネマニャ・ヴィディッチ
パトリック・ヴィエラ
イアン・ライト

【了】

新着記事

↑top