ドルトムント、今季で引退のベテランDFが号泣。香川真司と“同期”のピシュチェクがカップ戦制覇で感極まる

2021年05月14日(Fri)20時22分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

ウカシュ・ピシュチェク
【写真:Getty Images】

 ボルシア・ドルトムントのDFウカシュ・ピシュチェクの涙が感動を呼んでいる。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ドルトムントは13日にDFBポカール(ドイツ杯)決勝でRBライプツィヒと対戦。4-1で勝利を収め、タイトルを手にした。

 このトロフィーを人一倍喜んだのが、ピシュチェクだ。35歳の同選手は、今季限りでの現役引退を表明している。すでにブンデスリーガはバイエルン・ミュンヘンの優勝が決まっており、ピシュチェクにとっては選手として獲得する最後のトロフィーだ。

 ピシュチェクは試合後にピッチ上で号泣。すると、チームメートが集まり、次々とベテランサイドバックを抱きしめた。さらに、そのままチームメートが胴上げを開始。ピシュチェクは涙が止まらない顔を手で覆ったまま、宙を舞っている。

 元ポーランド代表のピシュチェクは2010年、香川真司と同じタイミングでドルトムントに加入。11年間でブンデスリーガ263試合に出場している。

【了】

新着記事

↑top