欧州CL追放の可能性も…。欧州スーパーリーグ創設クラブへUEFAが懲戒手続きを開始、対象となるクラブは?

2021年05月26日(Wed)8時01分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , ,

UEFA、CL
【写真:Getty Images】



 UEFA(欧州サッカー連盟)は現地時間25日に声明を発表し、レアル・マドリード、バルセロナ、ユベントスの3クラブに対する懲戒処分の手続きを開始したことを明らかにした。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 3クラブを含む欧州の12クラブは、先月18日に欧州スーパーリーグの創設を発表していた。しかし、直後からUEFA、各国連盟、サポーターなどから猛反発を受け、創設クラブの多くが参加撤退を表明。スーパーリーグ構想は事実上とん挫している。

 しかし、レアル、バルセロナ、ユベントスの3クラブは撤退を表明していない。これに対してUEFAは2週間に及ぶ調査を行い、3クラブがUEFAの法的な枠組みを逸脱しているとして、懲戒手続きを開始したことを発表。詳細は明かされていないものの、スペイン誌『MARCA』は多額の罰金に加えて、1シーズン、または2シーズン、UEFAチャンピオンズリーグへの出場資格がはく奪される可能性を示唆している。

 しかし、UEFAの制裁に対して3クラブも異議申し立てを行うことは可能。すぐに処分が確定するということにはならないだろう。

 撤退した9クラブに対する処分は既に公にされており、総額1500万ユーロ(約20億円)の寄付や、来シーズンのUEFA主催大会で得る収益の5パーセント徴収などが科されている。3クラブの処分はこれよりも重いものになることが予想されるが、果たしてどのような制裁が科されることになるのだろうか。

【了】

新着記事

↑top