ラファエル・ヴァラン
【写真:Getty Images】



 レアル・マドリードがDFラファエル・ヴァランの放出を検討している。そこにマンチェスター・ユナイテッドが強い関心を持っているかもしれない。スペイン『コペ』の報道をもとに、英『デイリー・メール』が伝えた。

【今シーズンのレアル・マドリーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 28歳のヴァランは、レアル・マドリーとの契約があと1年となっている。現時点で契約延長の兆候がないため、レアル・マドリーは今夏のうちの売却を考えているようだ。

 そこでユナイテッドが関心を強めているという。マンチェスター・シティとプレミアリーグのタイトルを争いたいユナイテッドは、ハリー・マグワイヤのCBのパートナーを探しており、大物を迎えたい考え。ヴァランがうってつけのターゲットだとみられているかもしれない。

 レアル・マドリーは、ヴァランの移籍金を約5200万ポンド(約80億円)に設定しており、この額を支払うクラブが現れれば喜んで交渉するつもりだという。

 新シーズンに向けてCB強化を進めたいユナイテッド。ヴァランのようなビッグネームを獲得できるだろうか。

【了】

新着記事

↑top