マンCの36歳キャプテンが契約延長し残留。「まだやり残した仕事がある」

2021年06月29日(火)18時56分配信

photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , ,

フェルナンジーニョ
【写真:Getty Images】



 マンチェスター・シティは29日、ブラジル代表MFフェルナンジーニョとの新たな1年契約を交わしたことを発表した。2022年夏までの契約となる。

【今シーズンのシティの試合はDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 現在36歳のフェルナンジーニョは2013年にシャフタール・ドネツクからシティに加入。これまで8年間で公式戦350試合に出場し、4度のプレミアリーグ優勝など多くのタイトル獲得に貢献してきた。

 昨季は新キャプテンに就任しながらも出場機会が減少し、プレミアリーグでの出場は先発12回と交代出場9回の21試合。以前の契約が満了する今年夏限りで退団する可能性があるとも報じられていた。

 だが契約を延長し来季もシティでプレーすることが決定。「まだやり残した仕事がある。チームとクラブが求めている目標の達成を助けるためにもう1年残ることを決めた」とフェルナンジーニョはコメントしている。

 10年間在籍していたFWセルヒオ・アグエロが退団したことで、フェルナンジーニョはシティの現メンバーで最古参選手。来季は9年目のシーズンを戦うことになる。

【了】

新着記事

↑top