リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

20位:ミランで躍動する快速FW

レビッチ21
【写真:Getty Images】



FW:アンテ・レビッチ(ACミラン / クロアチア代表)
生年月日:1993年9月21日(27歳)

市場価格:3200万ユーロ(約38.4億円)

20/21リーグ戦成績:27試合11得点7アシスト


【今シーズンのプレミアリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 アンテ・レビッチは地元RNKスプリトの下部組織出身で2011年にトップチームデビューを果たす。その年は1試合の出場にとどまったが、翌シーズンは公式戦23試合出場5得点1アシストを記録。UEFAヨーロッパリーグ(EL)予選に出場したが、本戦への切符は逃した。

 レビッチは2013年にフィオレンティーナへ移籍。しかし怪我の影響などでリーグ戦4試合の出場にとどまった。その後、ライプツィヒとエラス・ヴェローナへのレンタル移籍を経て、2016年にフランクフルトへレンタル。2018年には完全移籍に移行した。

 フランクフルトでの活躍が認められたレビッチは2019年にACミランへレンタル移籍。2019/20シーズンの序盤戦は出場機会に恵まれなかったが、1月の移籍市場でズラタン・イブラヒモビッチが加入し状況が一変。イブラの加入が転機となり、水を得た魚のように躍動した。ミランで復活を遂げたレビッチは今季セリエAで27試合に出場11得点7アシストを記録。ミランのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に貢献した。

 レビッチの特徴はスピードだ。自慢の快足を武器にサイドを駆け上がる。またテクニックも備わっており、左サイドからゴールを量産することができる。カットインからの右足シュートは強烈だ。ただ、45とやや低い守備が足を引っ張った。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top