スペイン代表
スペイン代表のスイス代表戦予想スタメン&フォーメーション



 ユーロ2020(欧州選手権)準々決勝、スイス代表対スペイン代表が現地時間2日にサンクトペテルブルク・スタジアム(ロシア)で行われる。グループリーグを2位で通過し、ラウンド16でクロアチア代表との死闘を制したスペイン代表は、この試合にどんなメンバーで挑むだろうか。ルイス・エンリケ監督が送り出すであろう先発11人は以下の通りだ。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


▽GK
ウナイ・シモン(アスレティック・ビルバオ)

▽DF
セサル・アスピリクエタ(チェルシー/イングランド)
エリック・ガルシア(バルセロナ)
エメリック・ラポルテ(マンチェスター・シティ/イングランド)
ジョルディ・アルバ(バルセロナ)

▽MF
セルヒオ・ブスケッツ(バルセロナ)
コケ(アトレティコ・マドリード)
ペドリ(バルセロナ)

▽FW
フェラン・トーレス(マンチェスター・シティ/イングランド)
アルバロ・モラタ(ユベントス/イタリア)
パブロ・サラビア(パリ・サンジェルマン/フランス)

 GKは今大会ここまで全試合でフル出場しているウナイ・シモン。最終ラインにはクロアチア代表戦に引き続きセサル・アスピリクエタ、エリック・ガルシア、エメリック・ラポルテの3人が入るだろう。変更が予想されるのは左サイドバック。ラウンド16ではホセ・ルイス・ガヤが務めたが、ここではジョルディ・アルバが先発復帰することになるはずだ。

 中盤3枚はセルヒオ・ブスケッツ、コケ、ペドリでほぼ間違いない。とくに、新型コロナウイルス感染から復帰後ハイパフォーマンスを維持するブスケッツには注目だ。そして、前線の3人はクロアチア代表戦から引き続きフェラン・トーレス、アルバロ・モラタ、パブロ・サラビアになると予想。批判を浴びているセンターフォワードのモラタがどれだけ仕事を果たせるかが重要となってきそうだ。

 スイス代表はラウンド16でロシアワールドカップ王者のフランス代表を撃破。勢いがあるだけに、スペイン代表としては当然侮れない相手である。昨年、UEFAネーションズリーグで対戦した際はスペイン代表の1勝1分という結果だったが、果たして今回は。

【了】

新着記事

↑top