名古屋グランパス、惜しくも漫画的ゴールならず!? ACLで“ツインシュート”披露【動画付き】

2021年07月07日(Wed)23時56分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , ,

相馬勇紀、マテウス
【写真:Getty Images】



【浦項スティーラーズ 1-1 名古屋グランパス  ACLグループG第6節】

 名古屋グランパスはもう少しで、非常に珍しい形のスーパーゴールを決めることができていたかもしれない。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の試合中に披露されたプレーが注目を集め、大会公式ツイッターアカウントでも動画で紹介されている。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 名古屋は7日に行われたACLグループステージ第6節の試合で韓国の浦項スティーラーズと対戦。すでに首位通過を決めていた名古屋にとっては消化試合であり、全勝は逃したが1-1のドローで無敗を守った。

 注目されているのはこの試合の74分に起きたプレー。1点をリードした状況の名古屋が追加点を狙いに行く中で、ともに交代で出場したマテウスと相馬勇紀の2人が見せたプレーだった。

 縦パスを受けペナルティーエリア左に侵入したマテウスは、相手DFの股抜きを試みて足に当たったこぼれ球を右足でシュートにいく。だが同じくこぼれ球に反応した相馬も左足でシュート。ボールは相馬の足の方に当たったようにも見えるが、両者がほぼ同時にミートする“ツインシュート”のような形でボールがゴールへと向かっていった。

 枠を捉えたシュートは相手GKの好セーブに阻まれ、惜しくも得点はならず。大会公式ツイッターアカウントでは「もう少しでキャプテン翼スタイルのゴールだった!」とこの場面を紹介している。

1 2

新着記事

↑top