U-24韓国代表がすごい! 東京五輪の注目選手5人。ソン・フンミンに代わるエースは? 久保建英と比較される“至宝”が攻撃の中心に

2021年07月16日(Fri)6時00分配信

シリーズ:東京五輪の注目選手5人
text by 編集部
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

強さと速さと巧さを備えた元アビスパ福岡MF

0716WonDujae_getty
【写真:Getty Images】



U-24韓国代表 東京五輪メンバー一覧はこちら

MF:ウォン・ドゥジェ(蔚山現代)
生年月日:1997年11月18日(23歳)
20/21リーグ戦成績:16試合1得点0アシスト

 韓国出身のウォン・ドゥジェがプロとして初めてプレーしたのはJリーグだった。漢陽大学を休学したウォン・ドゥジェは2017年6月にアビスパ福岡に加入すると、井原正巳監督は即座に中盤に抜擢された。2年半でJ2リーグ68試合に出場し、20年からは蔚山現代でプレーしている。昨年11月には韓国代表でもデビューを果たしており、今後の代表を背負っていく存在としても期待されている。

 187cmという体格を活かして、チームに高さと強さをもたらす選手だ。19年は福岡でセンターバックとしてもプレーしているように、対人守備能力にも優れている。カバーリングのスピードや配球能力にも優れており、中盤に安定感をもたらすことができる。

 この世代の韓国代表では中心メンバーの1人で、昨年1月に行われたAFC U-23選手権では5試合に先発してチームを優勝へと導いた。昨年は蔚山でAFCチャンピオンズリーグ優勝を経験し、FIFAクラブワールドカップにも出場。大舞台を経験して成長するウォン・ドゥジェは、U-24韓国代表躍進のカギを握る。

【了】

1 2 3 4 5

新着記事

↑top