東京五輪男子サッカーが新型コロナウイルスの影響による1年の延期を経て7月22日に開幕する。世界が注目するビッグイベントに、果たしてどのような選手たちが挑むのだろうか。今回は、U-24日本代表と同組であるU-24フランス代表18人のメンバーと2人のバックアップメンバーを紹介する。

GK

ポール・ベルナルドーニ
U-24フランス代表の正守護神ポール・ベルナルドーニ【写真:Getty Images】

U-24フランス代表 東京五輪メンバー一覧はこちら

ポール・ベルナルドーニ(背番号1)
生年月日:1997年4月18日(24歳)
所属クラブ:アンジェ
20/21リーグ戦成績:38試合出場/58失点


【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 東京五輪で正守護神を担うことになるであろうレフティー。年代別フランス代表での経験が豊富で、2016年にはU-19欧州選手権でレギュラーとして活躍し、母国を見事頂点へと導いている。身長190cmと大柄で、その長い手足を活かしてシュートを弾き出すGKは「2018年のロシアワールドカップで夢を見させてくれたフル代表のように、素晴らしい物語を経験したい」とメダル獲得に意気込む。

ステファン・バイッチ(背番号16)
生年月日:2001年12月23日(19歳)
所属クラブ:サンテティエンヌ
20/21リーグ戦成績:1試合出場/4失点

 サンテティエンヌの下部組織出身で、2019年の9月に晴れてリーグ・アンデビューを果たした。17歳9ヶ月での同リーグ出場はクラブのGK史上最年少記録。また、21世紀生まれのGKとして初めて欧州5大リーグのピッチに立った選手となり、サッカー史にその名を刻んでいる。しかし、サンテティエンヌでは現状レギュラーにはなれておらず、U-24フランス代表でもセカンドGKとして控える。

ディミトリ・ベルトー(背番号22)
生年月日:1998年6月6日(23歳)
所属クラブ:モンペリエ
20/21リーグ戦成績:9試合出場/11失点

 2017年にモンペリエでプロデビュー。昨季はキャリアハイとなるリーグ・アン9試合出場を果たしている。身長180cmとGKとしては小柄でハイボールにやや弱いが、反射神経が抜群に良く至近距離弾にめっぽう強いというのが特長だ。今回はバックアップメンバーとしての選出となっており、ポール・ベルナルドーニ、ステファン・バイッチにアクシデントが起こった場合のみ来日する。

【次ページ】DF

1 2 3 4 5

新着記事

↑top