リバプール、南野拓実がゴールで猛烈アピール! サラーとの連係で最後は…【動画付き】

2021年07月30日(Fri)9時34分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

南野拓実
【写真:Getty Images】



 プレシーズンマッチ、リバプール対ヘルタ・ベルリンが現地時間29日にティヴォリ・シュターディオン(オーストリア)で行われた。この試合で、南野拓実がユルゲン・クロップ監督の起用に応えるゴールを沈めている。

【今シーズンの南野拓実はDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ドイツ人指揮官は4-3-3を採用し、新加入イブラヒマ・コナテやトレント・アレクサンダー=アーノルド、ナビ・ケイタなどを先発で起用。南野はモハメド・サラー、サディオ・マネと共に3トップの一角に入っている。

 リバプールは立ち上がりからヘルタを押し込むも、GKアレクサンダー・シュボロウのファインセーブなどもありなかなかゴールを奪えない。すると20分、サンティアゴ・アスカシバルに先制点を献上。さらにその10分後、シャルケから加入したスアト・セルダルにも点を許しリードを2点に広げられてしまった。

 それでも、リバプールは36分に得点。コスタス・ツィミカスからのクロスを最後はマネが押し込んでいる。

 そしてその6分後、日本代表MFが大仕事を果たした。サラーがペナルティーエリア内左でスルーパスを受けると、これをヒールで落とす。そこに南野が飛び込んでダイレクトシュートを放ち、ゴールネットを揺らした。南野はアシストしたサラーとハグをかわし、スタジアムに足を運んだサポーターからは拍手が沸き起こった。

 その南野は前半のみでアレックス・オックスレイド=チェンバレンと交代。ゴールというわかりやすい結果を残し、クロップ監督へのアピールに成功したことが何よりも一番の収穫だった。

 なお、チームは後半にステヴェン・ヨベティッチに2ゴールを献上。終盤に1点を返すも3-4でヘルタに競り負けることになった。ただ、この試合ではフィルジル・ファン・ダイクとジョー・ゴメスの2人が実戦復帰。南野のゴールを含め、ポジティブな要素も少なくなかった。

1 2

新着記事

↑top