U-24ブラジル代表が2大会連続の金メダル獲得! エースがPK失敗も…延長後半弾でU-24スペイン代表撃破【東京五輪男子サッカー】

2021年08月07日(土)23時04分配信

photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , ,

20210807_brazil_getty
【写真:Getty Images】



 東京五輪(東京オリンピック)・男子サッカーの決勝戦、U-24ブラジル代表対U-24スペイン代表が7日に横浜国際総合競技場で行われた。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 大会連覇を目指すブラジルはリシャルリソンやダニエウ・アウベス、怪我明けのマテウス・クーニャなどが先発。一方のスペインはペドリ、ダニ・オルモ、そしてU-24日本代表との準決勝で決勝ゴールをマークしたマルコ・アセンシオらがスタメンに名を連ねている。

 立ち上がりにペースを握ったのはU-24スペイン代表だった。16分にはアセンシオの高質なクロスをミケル・オヤルサバルが頭でボックス内中央に折り返す。DFに当たったボールはゴール方向にこぼれたが、最後はジエゴ・カルロスのクリアに遭い先制とはならなかった。

 しかし、20分過ぎあたりから流れはU-24ブラジル代表へ。25分には左サイドを崩し、最後はリシャルリソンが際どいシュートを放っている。

 そのブラジルに最大のビッグチャンスが訪れたのは33分。ギリェルメ・アラーナがフリーキックを蹴り込むと、GKウナイ・シモンが飛び出しクーニャと衝突。VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の結果これがファウルとなり、ブラジルにPKが与えられている。しかし、キッカーを務めたリシャルリソンがこれを失敗。先制とはならなかった。

 それでもブラジルは前半アディショナルタイム、ゴール前の競り合いから最後はクーニャがフリーでシュート。これがゴールネットに突き刺さり、1点リードで前半を折り返している。

 追いつきたいスペインは後半、アセンシオとミケル・メリーノを下げブライアン・ヒル、カルロス・ソレールを投入。しかし、当然ながらいきなり流れは変わらず。ボールは持つも相手の守備に苦戦し、カウンターからピンチを招く場面もあった。

 それでも61分、ソレールが右サイドを抜け出しクロスを上げると、ファーサイドのオヤルサバルがダイレクトボレー。これが豪快にゴールネットに突き刺さり、スコアを振り出しに戻すことに成功した。

 その後は一進一退の攻防が続き、スコアは動かず。勝負は延長戦に突入することになった。

 その中で先に追加点を奪ったのはU-24ブラジル代表だった。108分、左サイドを途中出場のマルコムが抜け出すと、最後はシモンとの1対1を冷静に制しゴールゲット。アンドレ・ジャルディン監督の采配が的中する格好となった。

 試合はこのまま2-1で終了。ブラジルが2大会連続の金メダルに輝くことになった。

【U-24ブラジル 2-1 U-24スペイン 東京五輪・決勝】

▽得点者
45+2分 1-0 マテウス・クーニャ(ブラジル)
61分 1-1 ミケル・オヤルサバル(スペイン)
108分 2-1 マルコム(ブラジル)

【了】

新着記事

↑top