バルセロナの穴になっていたのは…



 一方、悪い意味で目立ってしまったのはエリック・ガルシアだ。48分の場面でもレオン・ゴレツカに寄せられず、シュートを許している。周囲とのマークの受け渡しに苦戦しており、ライン間のスペースをうまく使われてしまっていた。

 バイエルンは56分に追加点を奪う。デイヴィスのミドルシュートはブロックされ、ムシアラのシュートはポストに弾かれたが、こぼれ球をレバンドフスキが押し込んだ。これも、ムシアラのシュートに対する寄せは不十分だったように見える。

 2点のビハインドを負ったバルセロナは、セルジ・ロベルトとセルヒオ・ブスケッツを下げるという大きな決断を下す。同時に4バックへと変更しているが、代わって入ったのが10代のガビとユスフ・デミルということを考えると、フィットネス面の意味合いが強いように感じられる。言葉を選ばなければ、この時点でクーマン監督はリングにタオルを投げ込んだようにも見えた。

 しかし、終盤にバルセロナは少しだけ息を吹き返す。66分にエリック・ガルシアが下がり、オスカル・ミンゲサが入ると、守備の強度は格段に上がった。しかし、時すでに遅し。途中から出場していたセルジュ・ニャブリのシュートがポストに弾かれたが、これが2点目と同様にレバンドフスキの下へ。身体を投げ出したピケはかわされ、遅れて寄せたアラウホに当たってゴールネットが揺れた。

 そして、レバンドフスキの試合後の言葉が興味深い。

1 2 3 4

新着記事

↑top