ペドリ
【写真:Getty Images】



 2021年度「コパ・トロフィー」の候補選手10名が8日に発表された。1年間で最も活躍を見せたと評価される若手選手に贈られる賞となる。

【今シーズンのバルセロナはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 コパ・トロフィーはバロンドールと同じく『フランス・フットボール』誌が主催。「U-21バロンドール」とも呼ばれ、21歳以下の選手たちを選出の対象としている。

 10人のノミネート選手の中でも、各国メディアで有力な受賞者候補と予想されるのは18歳のMFペドリ。バルセロナでレギュラーに定着したほか、スペイン代表として出場したユーロ2020(欧州選手権)ではベストイレブンおよび最優秀若手選手に選ばれる活躍をみせ、U-24スペイン代表として東京五輪(東京オリンピック)でも銀メダル獲得に貢献した。

 イングランド代表としてユーロ準優勝に貢献したアーセナルのブカヨ・サカや、10代のうちからマンチェスター・ユナイテッド主力として活躍してきたメイソン・グリーンウッドなども候補入り。有望な若手選手の躍進が目立つブンデスリーガからも4人が選ばれている。

 コパ・トロフィーは2018年に設立され、第1回はキリアン・ムバッペ、第2回はマタイス・デ・リフトが受賞。昨年は新型コロナウイルスの影響により中止されていた。今年最高の若手選手に選ばれるのはどの選手だろうか。

ジュード・ベリンガム(イングランド/ボルシア・ドルトムント)
ジェレミー・ドク(ベルギー/レンヌ)
ライアン・フラーフェンベルフ(オランダ/アヤックス)
メイソン・グリーンウッド(イングランド/マンチェスター・ユナイテッド)
ヌーノ・メンデス(ポルトガル/パリ・サンジェルマン)
ジャマル・ムシアラ(ドイツ/バイエルン・ミュンヘン)
ペドリ(スペイン/バルセロナ)
ジョヴァンニ・レイナ(アメリカ/ボルシア・ドルトムント)
ブカヨ・サカ(イングランド/アーセナル)
フロリアン・ヴィルツ(ドイツ/レバークーゼン)

【了】

新着記事

↑top