1897年に創設されたユベントスはこれまで数々の舞台で頂点に立ってきた。21世紀になってからはカルチョ・スキャンダル発覚によりセリエBへ降格し昇格後も低迷に陥る苦しさを味わったが、2011/12シーズンからは前人未到のセリエA9連覇を成し遂げるなど一つの黄金期を迎えた。そんなユベントスにはこれまで数多くの名手が在籍してきているが、今回は21世紀に同クラブで大活躍した11人をピックアップ。歴史に名を刻んだメンバーを紹介していく。(選手の成績は2021年10月17日現在)

GK紹介

ジャンルイジ・ブッフォン
【写真:Getty Images】

ジャンルイジ・ブッフォン(元イタリア代表)
生年月日:1978年1月28日
在籍期間:01年夏~18年夏、19年夏~21年夏
クラブ通算成績:685試合539失点322無失点
代表通算成績:176試合146失点77無失点


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


「ユベントス最強のGKは誰?」と問われれば、皆が口を揃えてジャンルイジ・ブッフォンの名前を出すだろう。2001年にパルマから当時のGK史上最高額となる5288万ユーロ(約63.5億円)という移籍金で加入すると、そこから計19年間をビアンコネロに捧げている。そして、セリエAやコッパ・イタリアなど、実に22個ものタイトルをその手中に収めてきた。もちろん、個人賞も数多く獲得している。

 ユベントスでの公式戦通算685試合出場はクラブ歴代2位の数字。セリエA通算657試合出場は、ミランで24年間を過ごした伝説的DFパオロ・マルディーニを抜いて歴代1位の記録となっている。この成績が塗り替えられることは今後しばらくないだろう。そんな同選手が唯一やり残したことが、チャンピオンズリーグ(CL)制覇。その夢は、これからを担う後輩たちに託されることになった。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top