上手すぎる!? 世界屈指のスピードスターのゴールが凄い! 大勝のキッカケになったその一撃は…【欧州CL】

2021年10月22日(Fri)9時33分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , ,

レロイ・ザネ
【写真:Getty Images】



 チャンピオンズリーグ(CL)・グループリーグE第3節、ベンフィカ対バイエルン・ミュンヘンが現地時間20日に行われた。この試合では、芸術的なゴールが誕生している。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 グループ2試合を終え勝ち点6、得点8、失点0と圧巻の強さを見せつけてきたバイエルンは、この日も立ち上がりからチャンスを作った。しかし、GKオディッセアス・ヴラホディモスのファインセーブなどもありなかなか点を奪えない。前半終了間際にはロベルト・レバンドフスキがゴールネットを揺らしたかに思えたが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)レビューの結果、ハンドがあったとして取り消しに。結局スコアレスのまま後半へ向かうことになった。

 後半もバイエルンはチャンスを作り、52分にはトーマス・ミュラーがゴールをこじ開けた。しかし、またもVARレビューの結果、この点は取り消しに。ドイツ王者はモヤモヤしたまま、時計の針を70分まで進めていた。

 そんなチームを救ったのが、ドイツ代表FWレロイ・ザネだった。

 ペナルティーエリア手前でフリーキックのチャンスを得ると、ザネは左足を一振り。壁を超えたボールはヴラホディモスの手に触れることなく、ゴールネットへと吸い込まれている。まさに芸術的なFKだった。

 この1点で完全に勢いをつけたバイエルンはその後さらに3点を追加。貴重な先制点をマークしたザネも結果的に2得点1アシストと大活躍だった。

 ベンフィカを4-0で下したバイエルンはこれでグループ無傷の3連勝。次節ベンフィカとのリターンマッチに勝利し、バルセロナが引き分け以下に終われば早くも首位での決勝トーナメント行きが確定する。

1 2

新着記事

↑top