絶妙すぎる! 浅野拓磨の初アシストが完璧だ! 両チーム最速のスピード、相手をかく乱させた動きとは…

2021年10月25日(Mon)10時01分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

1025Asano_getty
【写真:Getty Images】



 今季からボーフムでプレーする日本代表FW浅野拓磨が、現地時間24日に行われたフランクフルト戦で、待望の移籍後初アシストを記録している。鎌田大地、長谷部誠が先発したフランクフルトを相手に、ボーフムは2-0で勝利。開始わずか3分に生まれた先制点は、浅野の絶妙なプレーによって生み出された。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 セバスティアン・ポルターがヘディングで後ろにそらすと、これを浅野につながる。浅野は右サイドから中央に向かってドリブルで運びながらも、味方の動き出しを見逃さなかった。ダニー・ブルムがDFラインの背後を取ると、浅野は絶妙なタイミングでスルーパスを送る。GKと1対1となったブルムはこれをゴールネットに流し込み、ボーフムは先制に成功している。

 その後は左サイドからのクロスにフリーで飛び込むシーンもあったが、移籍後初ゴールとはならなかった。精力的にプレーした浅野は81分に下がり、チームは後半アディショナルタイムに1点を追加。2-0で連勝を飾った。

 この試合で浅野は両チームを通じて最速となる時速35.14kmのスプリントを記録した。アシストシーンでは右から中央にドリブルした浅野に相手のDFラインは気を取られ、裏を取るブルムを放置してしまった。浅野のスピードが警戒されたことがゴールにつながっている。

1 2

新着記事

↑top