マンチェスター・ユナイテッドは何が変わった? キャリック暫定監督初陣で見せた改善の兆しとは…【欧州CL分析コラム】

2021年11月24日(Wed)12時35分配信

シリーズ:分析コラム
text by 本田千尋 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , ,

課題はまだ残されている



 いずれにせよキャリック暫定監督の頭の中にはチーム作りにおいて明確な方向性があるようだが、それは主に現役時代にセンターハーフのポジションで培った戦術眼からくるものなのかもしれない。90分にジェイドン・サンチョが奪った追加点は、自陣左サイドでフレッジがフアン・フォイスにプレスを掛けてロナウドと連動して奪ったボールを、マクトミネイが再び縦にロナウドに繋いで仕掛けたカウンターから生まれたものだった。

 キャリック暫定監督が元センターハーフの選手として、フレッジとマクトミネイにポジショニングやボールの奪い方について助言を送っていたとして何ら不思議ではない。

 こうして新体制の初戦を「意味のある勝利」で飾ったマンチェスター・ユナイテッド。キャリック暫定監督が「まだまだこれから」と言うように、改善すべき“課題”は残されている。次はアウェイでチェルシーと対戦する。新体制に移行して間もない段階で、トーマス・トゥヘル監督のチームを相手に、このビジャレアル戦のような完勝劇は難しいだろう。しかし、今回のCLで“イエロー・サブマリン”を沈めたプレッシング+カウンターという意図的な守備戦術からの速攻は、分厚い雲の間に太陽が顔を出すような、プレミアの首位チームを苦しめる武器となる可能性を秘めている。

(文:本田千尋)

【了】

1 2 3

新着記事

↑top