三笘薫、出場5分後のスーパーゴールがこれだ! 長距離疾走から難しいボールに…

2021年11月27日(Sat)21時11分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , ,

三笘薫
【写真:Getty Images】



 ベルギー1部のユニオン・サン=ジロワーズに所属する日本代表MF三笘薫は、26日の試合で今季4点目となるゴールを挙げた。交代出場からわずか5分で決めた素晴らしい得点だった。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 昇格組ながらも2位に7ポイント差をつけてのリーグ首位と大躍進中のユニオンは、現地時間26日に行われた第16節の試合でOHルーヴェンとホームで対戦。だが前半だけで2点を奪われる厳しい展開を強いられてしまう。

 6連勝がストップする危機に、監督はベンチスタートとしていた三笘を後半開始から投入することを選択。するとそのわずか5分後、日本代表デビューも飾ったアタッカーが反撃の1点を挙げた。

 左サイドのハーフウェイライン手前で相手ボールを奪った三笘は、味方選手にボールを預けるとエリア中央に向けて長い距離を疾走。左サイドでパスを受けたMFテディ・テウマが絶妙なクロスを送り込むと、左斜後ろからの難しいボールにジャンピングボレーで合わせてダイレクトで叩き込んだ。

 三笘は初ゴールを含むハットトリックを達成したセラン戦に続いて今季ベルギーリーグで4点目のゴール。ユニオンは結局この試合を落とす結果となったが、三笘にとっては再度の先発定着に向けてアピールする一撃となったかもしれない。

1 2

新着記事

↑top