リバプールが強すぎる! “またも”4得点大勝の理由。エバートンの弱点、人間離れしていたのは…【分析コラム】

2021年12月02日(Thu)11時41分配信

シリーズ:分析コラム
text by 小澤祐作 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

プレミアリーグ第14節、エバートン対リバプールが現地時間1日に行われ、1-4でアウェイチームが勝利している。リバプールはこれでリーグ戦3試合連続での4得点勝利という結果に。今回の大勝の理由はどこにあったのだろうか。(文:小澤祐作)

伝統のダービーで圧倒

リバプール
【写真:Getty Images】

 とにかくリバプールが強い! と感じる90分間だった。

【今シーズンのリバプールはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 通算239回目の開催となったエバートンとのマージーサイドダービー。ユルゲン・クロップ監督率いるチームは立ち上がりからテンション高く挑み、開始わずか5分で2本のシュートを記録するなど、あっという間に試合の主導権を握っていた。

 そして9分、リバプールは左サイドから崩すと、最後はアンドリュー・ロバートソンの折り返しをジョーダン・ヘンダーソンがダイレクトシュート。これがゴールネットに突き刺さり、早くも1-0リードを奪った。

 その後もリバプールのテンションは落ちず、先制から10分後にはモハメド・サラーが追加点をゲット。あまりにも早くから力の差が出たので、この時点でスタジアムを後にするエバートンサポーターの姿もあった。

 38分、リバプールは一瞬の隙を突かれてデマレイ・グレイに点を与える。これでグディソン・パークに熱気が戻ってきたなど、楽勝ムードから一転、勢いは完全にエバートン側に傾いてしまった。

 しかし、その波に簡単に飲み込まれないのが今季のリバプールだ。勢いに乗る相手の攻撃を跳ね返し続け、64分にシェイマス・コールマンのミスを突いてサラーがゴールゲット。再び相手を突き放し、同点への期待感を膨らませていたホームサポーターを一瞬にして黙らせた。

 そして79分に仕上げの一発。ディオゴ・ジョタが華麗なボールコントロールから左足を振り抜き、GKジョーダン・ピックフォードの壁を破っている。

 これでリバプールはリーグ戦3試合連続の4得点勝利。また、第4節から11試合連続で複数得点を記録することになっている。恐るべき成績だ。

 では、なぜリバプールは4得点を奪うことができたのだろうか。

1 2 3

新着記事

↑top