殊勲の久保建英は数字も凄かった。出場わずか16分でチーム最多となったのは…

2021年12月05日(Sun)10時30分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

1205Kubo_getty
【写真:Getty Images】



 ラ・リーガ第16節、アトレティコ・マドリード対マジョルカが現地時間4日に行われ、敵地に乗り込んだマジョルカが1-2で逆転勝利。この試合では、途中出場した久保建英が今季初ゴールを決めている。

【今シーズンの久保建英はDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 68分に先制点を許したマジョルカは、74分に久保建英を投入。すると、1-1で迎えた後半アディショナル、久保が相手DFの裏に抜け出すと、ヤン・オブラクとの1対1を冷静に決めて逆転に成功。前節怪我から復帰した久保は、劇的な逆転ゴールでマジョルカを勝利に導いた。

 データサイト『WhoScored.com』によると、この試合で今季初ゴールを決めた久保は、16分間でチーム最多タイとなるシュート2本を放った。さらにパス成功率は100%を記録。少ない時間で存在感を示し、マジョルカを勝利に導いたこの日本代表MFには、「7.1」の評価点が与えられている。

 驚異的な回復力を見せ、復帰後すぐに結果を残した久保は、マジョルカをリーグ戦7試合ぶりの勝利に導いた。だが、復帰後のプレー時間はまだまだ少ないため、調子はさらに向上するはず。今節のゴールを機に、次節以降も結果を残すことが出来るだろうか。

1 2

新着記事

↑top