FC東京発、クロアチア経由ベルギー行き。「僕は変わった」原大智が明かす欧州初挑戦の1年【独占インタビュー前編】

2021年12月29日(Wed)10時00分配信

text by 舩木渉 photo Getty Images, STVV
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , ,

 ベルギー1部のシント=トロイデンVVに所属する日本人FW原大智は、欧州挑戦から1年で大きな飛躍を遂げた。FC東京からクロアチアへ移籍し、スペイン1部でシーズン開幕を迎え、そこからベルギーへ。たった1年で3ヶ国のサッカーを経験したストライカーは、明確な目標を描きながら、さらなる成長への決意を固めている。そこで今回は現地でじっくりと話を聞いたインタビューの前編をお届けする。(取材・文:舩木渉)

欧州移籍から1年で3ヶ国目の挑戦

原大智 STVV提供
【写真提供:シント=トロイデンVV】



――原選手がベルギーリーグに参戦して半年が経とうとしています。欧州ではクロアチア、スペインに続いて3ヶ国目となりますが、ベルギーのサッカーにどんな印象を持っていますか?

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


「すごく面白いリーグですね。フィジカルも強く、サッカーをしていてすごく楽しいです。いい選手はたくさんいますけど、もちろんフィジカルで勝てないとは思っていないですし、とにかく自分を伸ばしてくれるようなリーグという印象です」

――ベルギーでは出場時間や成績など、思い通りの活躍はできていますか?

「シント=トロイデンのFWはみんな日本人なんですけど、いい選手ばかりで、競争は確実にあります。そこで勝っていくには自分の良さをどんどん出して、試合に出て、結果を残していくしかないと感じています。自分はスロースターターなところもあるので、ここから徐々にフィットできたらと考えているところです。総じてすごく楽しくプレーできていると思います」

――ベルギーリーグの特徴として「フィジカルが強い」とおっしゃっていました。Jリーグに比べてもロングボールの多い展開になりがちでもありますが、その中で自分の強みを生かせる部分を見つけられていますか?

「自分にとって新しいプレーに挑戦しているところです。ディフェンスもすごくタイトですし、クロアチアではなかった感覚なので、ボールキープなどのスキルを上げるのに最高の環境だと思います。いわゆる『背の高い選手』のプレースタイルも強みにしていきたいので、ロングボールがたくさんくることは自分にとってもいいことですし、特にそれにうまく対応できるようになれば、どんどんいいボールもくるようになると思っています」

1 2 3

新着記事

↑top