久保建英のいる右サイドがボロボロにされた。ビジャレアルに3失点大敗、何が問題だったのか?【分析コラム】

2022年01月23日(Sun)11時01分配信

シリーズ:分析コラム
text by 小澤祐作 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

ラ・リーガ第22節、ビジャレアル対マジョルカが現地時間22日に行われ、3-0でホームチームが勝利している。日本代表MF久保建英は先発出場。69分までプレーしたが、ゴールやアシストという結果は残せなかった。また守備では自身の受け持つ右サイドをボロボロにされている。一体なぜ。(文:小澤祐作)

マジョルカは成す術なく完敗

久保建英
【写真:Getty Images】

 またも1部残留は叶わないのか――。マジョルカが危機的な状況にある。

【今シーズンの久保建英はDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 今季のスタートこそ良かったが、ここ最近は結果はもちろんのこと、内容にも希望が全く見えてこない。迎えた第22節ビジャレアル戦も、最後には絶望感だけが残る形となってしまった。

 マジョルカは立ち上がりから守備がハマらず、ビジャレアルに押し込まれると、その流れのまま12分に失点。右サイドをアルフォンソ・ペドラサに突破され、最後はフランコ・ルッソのオウンゴールを誘発されてしまった。

 マジョルカに決定機が全くなかったわけではない。20分には久保建英のクロスをゴール前でフリーとなっていたアマト・エンディアイエが合わせている。しかし、この絶好のチャンスを仕留め切ることはできなかった。

 すると34分にはカウンターを浴び、最後はマヌ・トリゲロスにゴールを献上。一発を確実に決めきってくるビジャレアルと、一発を決めきれないマジョルカ。これだけでも、両者に大きな差があるのは明らかだった。

 後半もマジョルカは決定力不足を露呈。58分にはパブロ・マフェオからフェルナンド・ニーニョに絶妙なクロスが入ったが、シュートは枠を外れている。

 こうしてビジャレアルに焦りすら与えられなかったマジョルカは、終盤にルッソが退場、そしてPKを沈められ0-3とされるなど、成す術なく完敗した。これでリーグ戦は4連敗。いつ降格圏に転落しても不思議ではない。

1 2 3

新着記事

↑top