過去10年のプレミアリーグで“最もミスの多い”10人とは? 日本人選手の名前も

2022年02月19日(Sat)20時28分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,


イングランド・プレミアリーグ 最新ニュース

吉田麻也
【写真:Getty Images】




サウサンプトンで奮闘した吉田麻也だが…



 英紙『デイリー・スター』は、過去10年間のプレミアリーグで致命的なミスを犯した数が最も多かった選手10人をランキング形式で紹介した。元サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也(現サンプドリア)も「3位タイ」にランクインしてしまっている。



【今シーズンのプレミアリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ベッティング専門サイト『bettingexpert』によるデータとして英紙が紹介したところによれば、失点に繋がった個人ミスの数が過去10年間で最も多かった選手はアーセナルのMFグラニト・ジャカとマンチェスター・シティのDFジョン・ストーンズの2人。ともに8回のミスを犯している。

 続いて、元トッテナムのベルギー代表DFヤン・フェルトンゲン(現ベンフィカ)と吉田の2人。それぞれ7回のミスを犯したとして3位タイにランクインしている。

 吉田については「サウサンプトンでの8年間で150試合以上に出場したが、立て続けの失態がその在籍期間に影を落とした。日本人選手はプレミアリーグで7回の個人ミスを犯したが、それでもセインツ(サウサンプトン)でレギュラーとしてプレーすることが多かった」とコメントが添えられている。

 致命的ミスの数「6回」で5位タイにランクインしたのは、マーティン・ケリー(クリスタル・パレス)、セドリック・ソアレス(アーセナル)、デヤン・ロブレン(元リバプール)、エリック・ダイアー(トッテナム)、ベン・ミー(バーンリー)、アーロン・クレスウェル(ウェスト・ハム)の6人。以上10人がトップ10の顔ぶれとなっている。

【了】

新着記事

↑top