マンU最強のストライカーは誰だ? 21世紀得点ランキング1~5位。2人の生え抜きMFが登場、ルーニーが残した記録は…

2022年03月06日(Sun)8時00分配信

シリーズ:21世紀得点ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,


マンチェスター・ユナイテッド 最新ニュース

長い歴史を持つマンチェスター・ユナイテッドというクラブは、これまで多くの傑出したストライカーを輩出してきた。そこで、今回は21世紀に在籍した選手を対象とした得点ランキングを紹介する。※01/02シーズン以降に在籍した選手が対象、20/21シーズンまでの成績を算出、データは『transfermarkt』を参照

5位:オーレ・グンナー・スールシャール(元ノルウェー代表)

0504Sorskjaer_getty
【写真:Getty Images】

在籍期間:1996年夏~2007年夏
クラブ通算成績:365試合126得点
代表通算成績:67試合23得点


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 オーレ・グンナー・スールシャールは23歳のときにマンチェスター・ユナイテッドに加わり、34歳で現役引退するまで、11年間プレーした。晩年は怪我に泣かされたが、懸命なリハビリの経験は後の指導者キャリアにつながっているのかもしれない。アレックス・ファーガソン監督の下でU-23チームの監督を務め、古巣モルデの指揮官として結果を残した。解任されたジョゼ・モウリーニョ監督の後任として2018年12月にユナイテッドの暫定監督に就任する。のちに成績に監督となり、2021年11月までチームを率いている。

 最も印象的なのは98/99シーズンだろう。1-4とリードして迎えたノッティンガム・フォレスト戦で、試合終盤に投入されたスールシャールは、12分間で4得点をマーク。さらに、その3か月後に行われたバイエルン・ミュンヘンとのUEFAチャンピオンズリーグ決勝は、0-1のリードを許して後半ロスタイムに突入。ユナイテッドはテディー・シェリンガムのゴールで追いつくと、その2分後にスールシャールが逆転ゴールを決めた。劇的な逆転勝利でユナイテッドはトレブル(3冠)を達成。スールシャールはヒーローとなった。

 ドワイド・ヨーク、エリック・カントナら名だたるストライカーが同僚だったこともあり、スールシャールはスーパーサブとして起用されることも多かった。ときにはサイドでプレーすることもあったが、“童顔の殺し屋”という異名をつけられた男の活躍もあり、ユナイテッドはこの11年間で6度のリーグ優勝を達成している。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top