「ワインのように日に日に良くなる」。レアル・マドリード、勝因になったチェルシー対策と瞬時の対応は?【欧州CL分析コラム】

2022年04月07日(Thu)12時00分配信

シリーズ:分析コラム
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

レアル・マドリード最新ニュース

 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグ、チェルシー対レアル・マドリードが現地時間6日に行われ、1-3でレアルが勝利。アウェイチームが敵地で勝利した要因には、巧みな守備戦術があった。(文:阿部勝教)


敵地で前回王者を撃破

0407レアル
【写真:Getty Images】

 現地時間4月6日に行われたチャンピオンズリーグ準々決勝1stレグ、レアル・マドリードは、1-3で前回王者のチェルシーを撃破。カルロ・アンチェロッティ監督の巧みな采配で、敵地で先勝することに成功した。

【今シーズンのレアル・マドリードはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。4月17日まで初回1ヶ月無料お試し実施中】


 この日のレアルは、パリ・サンジェルマン(PSG)とのラウンド16の1stレグのようにアウェイで消極的にならず、左サイドバックのフェルラン・メンディが何度もゴール前に攻め上がるなど、序盤から攻撃的なサッカーを展開した。

 すると、21分にカリム・ベンゼマとヴィニシウス・ジュニオールが2人でチェルシーの守備を崩して、先制点を奪取。さらにその3分後には、ルカ・モドリッチのクロスにベンゼマが合わせ、点差を2点に広げた。

 その後、前半の内に1点を返されたが、後半開始早々に再びベンゼマがゴール。エドゥアール・メンディのミスを見逃さず、ハットトリックを達成した。

 データサイト『WhoScored.com』によると、チェルシーが放ったシュートは20本、対してレアルは8本と、より多くのチャンスを作っていたのはホームチームだった。決定力の差が勝敗を分けたと言っても過言ではないが、敵地で勝利できたレアルには、アンチェロッティ監督の巧みなチェルシー対策があった。

1 2 3

新着記事

↑top