エグい面々…ドイツ代表、歴代ストライカーの系譜。すごすぎ…! 世界最高級の男、その実績は…

2022年05月21日(Sat)10時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , ,

メキシコW杯(1986)〜アメリカW杯(1994)

20200622_germanyfw1986_getty
左からルンメニゲ、アフロス、フェラー【写真:Getty Images】



ルディ・フェラー
生年月日:1960年4月13日
個人成績(1986):6試合出場/3得点1アシスト
個人成績(1990):6試合出場/3得点2アシスト
個人成績(1994):3試合出場/2得点1アシスト

1982年に西ドイツ代表デビューを飾り、ベルリンの壁が崩壊した東西統一後のドイツ代表でもプレーした。ワールドカップは3大会に出場し、1990年のイタリア大会で優勝も経験している。マルセイユ時代には1992/93シーズンのチャンピオンズリーグ制覇にも貢献した。

自身初のワールドカップとなった1986年メキシコ大会では、決勝のアルゼンチン代表戦に後半から途中出場して1得点1アシストを記録するも、西ドイツ代表は一歩及ばず準優勝に終わった。その4年後、1990年のイタリア大会決勝で再びアルゼンチン代表と激突し、フェラーは決勝点をアシスト。自らは決勝トーナメントに入ってからゴールこそなかったものの、優勝したチームを力強くけん引した。

1992年10月以降は代表からしばらく遠ざかっていたが、1994年のアメリカワールドカップ直前に復帰を果たした。西ドイツ代表とドイツ代表で通算90試合に出場し47得点という成績だった。

現役引退後は指導者となり、2002年の日韓ワールドカップでは監督としてドイツ代表を準優勝に導いた。しかし、それ以外に大きな実績は残せず。

1 2 3 4 5 6 7 8

新着記事

↑top