アーセナル、今オフのカギは? 欧州CLに届かず、最終節でも改善しなかった弱点【分析コラム】

2022年05月23日(Mon)11時29分配信

シリーズ:分析コラム
text by 安洋一郎 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , ,


アーセナル 最新ニュース

プレミアリーグ第38節、アーセナル対エバートンが現地時間22日に行われた。5-1でホームチームが勝利したものの、4位トッテナムがノリッジに勝利したことでCL出場権を逃す形となってしまった。また、この試合では快勝を収めたが、アーセナルが抱える問題点が露呈した場面もあった。なお、冨安健洋はハムストリングの負傷でメンバー外となっている。(文:安洋一郎)(文:安洋一郎)


アーセナルはやれることはやったが…

202200522_アーセナル_getty
【写真:Getty Images】

 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位につけるトッテナムと勝ち点2差という状況で最終節を迎えたアーセナル。アーセナルが最終節で勝利をしたとしてもトッテナムが最下位のノリッジに敗れなければCL出場権は獲得できないという難しい状況に陥っていた。

【今シーズンのアーセナルはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴】


 奇跡の逆転での4位フィニッシュをするためには、当然ながらアーセナルが今節勝利をしなければいけない。そう言った面でもアーセナルの選手たちはモチベーションが高かった。

 一方で最終節の対戦相手となったエバートンは前節クリスタル・パレス戦で劇的な逆転勝利を挙げ、プレミアリーグ残留が確定。一時は降格圏に沈むなど苦しいシーズンを送っていたが、何とか最終節を前に来季もプレミアリーグでプレーすることが決定した。こうした背景もあり、エバートンには前節まであった鬼気迫る“覇気”はなく、モチベーションはアーセナルと比較するとかなり低いことが試合前から予想できていた。

 試合は前半から大方の予想通りアーセナルが主導権を握り、試合を通じて74%もボールを保持。6本のシュートと2本の枠内シュートに終わったエバートンの4倍以上となる26本のシュートと9本の枠内シュートを放ち、5-1の快勝を収めた。

 しかし、トッテナムがノリッジを5-0で下したためアーセナルは逆転での4位フィニッシュは叶わなかった。5位で2021/22シーズンを終え、来季はUEFAヨーロッパリーグ(EL)を戦うことが決定した。

 残されたわずかの可能性に賭けて、今節に向けては自分たちがやれることは全てやったアーセナル。だが、そうした中でも来季以降の戦いに向けて不安に感じてしまう要素があった。

1 2 3 4

新着記事

↑top