世界最高の選手は誰だ? サッカー選手能力値ランキング21~25位。クロアチアの伝説、アルゼンチンのNEWスターも(21/22シーズン版)

2022年06月23日(Thu)6時00分配信

シリーズ:21/22能力値ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

22位:ポール・ポグバ(フランス代表/マンチェスター・ユナイテッド)

ポグバ
【写真:Getty Images】


生年月日:1993年3月15日
市場価格:4800万ユーロ(約57,6億円)
20/21リーグ戦成績:26試合3得点5アシスト

 ユベントスでセリエA、4連覇に大きく貢献したポグバは16年夏、下部組織時代を過ごしたマンチェスター・ユナイテッドに1億1000万ユーロ(約132億円)の移籍金で復帰していた。18年夏のロシアワールドカップでフランス代表の優勝に貢献し、その直後のシーズンで13得点9アシストを記録するなど良い時期を過ごしたこともあったが、22年夏に2度目のユナイテッド退団が発表された。

 ポグバはボールを持った時にクオリティを発揮する選手だ。191cm、84kgという恵まれた「フィジカル」を活かしたボールキープ力は特筆すべきものがあり、そこから大柄に似合わない「テクニック」を駆使した「ドリブル」、強烈なミドルシュートなどで相手守備陣を脅かす。

 2021/22シーズンは開幕4試合で7アシストを記録するなど、アイデアと「パス」のセンスが際立っていた。前述した通り大柄に似合わない、優れた「テクニック」の持ち主であり、相手DFが予測もつかないヒールでの「パス」など、彼が前線での連係に絡むことで多くのビッグチャンスを演出していた。

 これまで紹介してきた「フィジカル」、「テクニック」、「ドリブル」、「パス」の能力値は最低でも「83」とかなり高い数値を叩き出した。一方でポグバには「メンタル」という明確な弱点がある。プレーに一貫性がなく、シーズンを通じて安定したパフォーマンスを期待することはできない。現在はピッチ内のことよりもピッチ外でのことがメディアで話題になってしまっており、再びサッカー選手として輝きをみせるためには、もっと自分自身に対して集中する必要があるだろう。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top