世界最高の選手は誰だ? サッカー選手能力値ランキング21~25位。クロアチアの伝説、アルゼンチンのNEWスターも(21/22シーズン版)

2022年06月23日(Thu)6時00分配信

シリーズ:21/22能力値ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

21位:ハリー・ケイン(イングランド代表/トッテナム)

ケイン
【写真:Getty Images】


生年月日:1993年7月28日
市場価格:9000万ユーロ(約108億円)
20/21リーグ戦成績:35試合23得点14アシスト

 2014/15シーズン以降は毎シーズン公式戦20ゴール以上を決めるなど、ハリー・ケインはトッテナムのエースとして活躍し続けている。現在まで積み上げたゴール数はクラブ史上2番目に多い247であり、ジミー・グリーブス氏が保持するクラブ歴代最多得点記録(266)までおよそ20というところまで迫っている。

 ケインのプレースタイルはトッテナムでの背番号通り「10」番に近い。これだけの得点数を積み上げていることからもわかるようにゴール前での決定力もあるのだが、近年は中盤に降りてきたところでボールを受け、そこから高精度の「パス」で局面を打開する。チームメイトからの信頼も厚いため、ケインがボールを受けると前線の選手が一斉に動き出す。

 前述した「パス」をはじめキック全般の質が高く、エリア外からのミドルシュートの精度も抜群だ。サイドからのクロスに合わせる動きも素晴らしく、周りの選手を活かすだけでなく、自らフィニッシャーとしても機能する。こうしたことから「攻撃力」はケインの能力値の中で最も高い「92」となっている。

 一方で「スピード」は「68」とやや低めの能力値となっている。ただ、近年は前述した通り、中盤に下がってきてプレーすることが多いので、そもそも「スピード」勝負という場面自体が少なく、弱点になっているとは言い難い。逆にケインにない「スピード」の部分はソン・フンミンが担っており、「プレミアリーグにおけるコンビで決めた最多ゴール記録」を更新したことからも彼との補完性は抜群と言えるだろう。

【了】

1 2 3 4 5

新着記事

↑top