記憶から消したい…。ACミラン、最悪の補強ランキング1~5位。期待外れのスペイン人FW、ミラニスタを裏切った主将も

2022年06月28日(火)6時30分配信

シリーズ:最悪の補強ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , ,

1位:レオナルド・ボヌッチ

レオナルド・ボヌッチ
【写真:Getty Images】

生年月日:1987年5月1日
移籍金:4200万ユーロ(約50億円)
在籍期間:2017年夏7月~2018年8月
リーグ戦成績:35試合2得点0アシスト

 2017年、名物会長シルビオ・ベルルスコーニは中国資本へミランを売却。莫大な資金を得たクラブは新シーズン開幕前にハカン・チャルハノール、フランク・ケシエ、リカルド・ロドリゲスらを獲得するなど大型補強を行っていた。その中の目玉となったのがレオナルド・ボヌッチの加入。現役イタリア代表DFでユベントスでの経験も豊富な同選手の電撃移籍は、ミラニスタ(ミランサポーターの愛称)の期待感を大きく膨らませていた。

 ボヌッチはミランでさっそく主将に就任。もちろんセンターバックのレギュラーも張った。第30節ユベントス戦ではゴールを決めると、古巣サポーターの前で喜びを爆発。すでに同選手の体には白黒ではなく、赤黒の血が流れていると誰もが疑わなかった。

 しかし、主将ということもあり批判を浴びることも少なくなかったボヌッチは、なんとシーズン終了後に古巣への復帰を希望。そして、マッティア・カルダーラとの実質トレードという形で、ユベントスへの移籍が実現したのである。自らミラン加入を希望したにも関わらず、在籍はわずか1年だった。また、ボヌッチと入れ替わる形でやって来たカルダーラ(現在アタランタへレンタル)が怪我でまったく戦力にならなかったことも、ミランにとっては最悪だった。

 ボヌッチがイタリアを代表する名DFであることに疑いの余地はないが、同選手のことを良く思っているミラニスタは恐らくいないはずだ。ミランで迎えるセリエA開幕前、ボヌッチは「ミランの栄光の歴史を今から散り戻そう!」と熱い言葉を発したようだが、栄光を取り戻すどころかクラブの歴史に泥を塗ることになっている。

【了】

1 2 3 4 5

新着記事

↑top