中井卓大だけじゃない! 10代の欧州日本人サッカー選手5人。イングランド、ドイツ、ポルトガルなどで活躍する逸材たち【後編】

2022年07月05日(Tue)6時30分配信

シリーズ:10代の欧州日本人サッカー選手5人
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,

海外日本人選手 最新ニュース

レアル・マドリードの下部組織でプレーする中井卓大をはじめ、海外でプレーする10代の日本人選手は珍しくない。そこに至るまでのキャリアは様々で、高校卒業とともに欧州に渡った選手もいれば、幼少期から住む国でプロを目指す選手もいる。今年4月に掲載した前回に引き続き、海外でプレーする10代の日本人選手を新たに5人紹介する。


チェイス・アンリ

チェイスアンリ
【写真:Getty Images】

生年月日:2004年3月24日(18歳)
所属クラブ:シュトゥットガルト


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴】


 3月に尚志高校を卒業したチェイス・アンリは、21/22シーズンからシュトゥットガルトU-21でプレーすることとなった。アメリカ人の父の日本人の母のもとに生まれ、188cmの恵まれた体格と身体能力を武器に、高校サッカー界で注目を集める存在となった。

 2020年にU-17日本代表に選出されると、昨年6月には17歳ながらU-20日本代表に“飛び級”選出。同年10月にはU-22日本代表で、今年1月にはフル代表の国内組を対象とした合宿にトレーニングパートナーとして参加している。粗削りな部分もあるが、そのポテンシャルは高く評価されている。

 6月にはU-21日本代表としてAFC U-23アジアカップに参戦した。久々の公式戦ということもあり、初戦では不安定なパフォーマンスで失点に絡んでしまったが、試合をこなすごとに良さを出せるようになっている。ドイツでさらなるレベルアップに成功すれば、シュトゥットガルトで同僚となる遠藤航と伊藤洋輝と同じピッチに立つことも可能になるだろう。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top