冨安健洋が圧巻「2021/22シーズンのパフォーマンスそのもの」得点者超えるチーム最高評価

2022年10月07日(金)9時02分配信

photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , ,

アーセナル 最新ニュース


【写真:Getty Images】



冨安健洋が攻守で躍動

 UEFAヨーロッパリーグ(EL)グループA第3節、アーセナル対ボデ/グリムトが現地時間6日に行われ、ホームチームが3-0で勝利した。フル出場を果たした日本代表DF冨安健洋に英メディア『ペイン・イン・ザ・アーセナル』がチーム最高評価を与えている。



【今シーズンのプレミアリーグはABEMAで!
14日間無料! いつでもどこでも簡単視聴】

 試合開始して23分、キーラン・ティアニーが強烈なシュートを放つと、ポストに当たって跳ね返ったボールをエディ・エンケティアがダイレクトでゴールに押し込み、アーセナルに先制点が入った。

 27分には、ファビオ・ヴィエイラのクロスにロブ・ホールディングが頭で合わせて追加点。さらに84分、ガブリエウ・ジェズスがドリブルでペナルティエリアに侵入した後、ゴール前の折り返しにヴィエイラが反応してゴールを決めた。

 冨安を含む守備陣も奮闘し、アーセナルが無失点で3-0の勝利をおさめている。同メディアは、得点を決めた選手ではなく、冨安にチーム最高評価となる10段階中7.5の採点をつけた。(エンケティアは7、ホールディングは6.5、ヴィエイラは7)

 寸評では「木曜日の夜、冨安は何かを証明するようなプレーをした。これは2021/22シーズンのパフォーマンスそのものだった。この右サイドバックは守備が堅固で、ビルドアップにも貢献し、必要なときには賢いオーバーラップを見せた」との評価を下している。

【了】

新着記事

↑top