C・ロナウドがマンUへの不満を爆発! 「何も進化していない」。現監督へのリスペクトもなし

2022年11月14日(月)10時35分配信

photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , ,

マンチェスター・ユナイテッド最新ニュース


【写真:Getty Images】



C・ロナウドがインタビューで不満爆発

 クリスティアーノ・ロナウドとマンチェスター・ユナイテッドの関係は完全に終わってしまったのかもしれない。イギリスの有名司会者、ジャーナリストのピアーズ・モーガン氏とC・ロナウドによるインタビューの内容を『ザ・サン』が伝えた。



【今シーズンのプレミアリーグはABEMAで!
14日間無料! いつでもどこでも簡単視聴】


 今や批判の的となっているC・ロナウドは、クラブ内で“ブラックシープ”(黒い羊:厄介者やのけ者の意)にされており、うまくいかないことの全てを非難されていると不満を露わに。そうしたクラブからの扱いを「裏切り」と表現しており、「追い出されそうになっていると感じている」とも話していたそうだ。

 C・ロナウドはユナイテッド復帰後、オーレ・グンナー・スールシャール、ラルフ・ラングニック、エリック・テン・ハグの3人の監督の下でプレーしてきたが、リスペクトを感じたのはスールシャールのみと明言。ラングニックに対しては「監督ですらなかった人間がどうやってユナイテッドのボスになる? 彼の名前は聞いたこともなかった」とコメントしており、テン・ハグ現監督には「彼のことはリスペクトしていない。彼も僕のことをリスペクトしていないからね」と言葉を残した。

 また、自身を公の場で批判している元チームメイトのウェイン・ルーニーに対しても「なぜ彼が僕をひどく批判するのかわからないよ。恐らく彼はキャリアを終え、僕がまだトップレベルでプレーしているからかな。僕が彼よりイケメンなどと言ってはいないよ。事実だけどね」と笑みを浮かべながら批判的なコメントを残していた。

 さらにC・ロナウドは「(サー・アレックス・)ファーガソンが去ってから、クラブになんの進化も感じられなかった。何も変わっていなかったんだ」と復帰した後に衝撃を受けたことを告白。そして「ファンは事実を知るべきだ。僕はクラブのためにベストを尽くしたい。だからここに戻ってきた。でも…」とし、以下のように続けた。

「マンチェスター・シティ、リバプール、そして今のアーセナルのように、トップレベルに到達するための我々へのサポートが内部にはない。この次元のクラブは僕の考えではトップに立つべきだけど、残念ながらそうではないんだ」

 加えてC・ロナウドは「僕はユナイテッド、ファンを愛している。彼らはいつも僕の味方だ。しかし、もし彼らがそれを違ったものにしたいのなら…彼らは多くのものを変えないといけない」とし、「ファーガソンはクラブが本来あるべき道を歩んでいないことを誰よりも知っている。彼は知っている。みんな知っている。それに気づかない人たちは…それを見たくないんだ」とクラブの現状を変えなければいけないとも話した。

 ワールドカップ前に衝撃的な告白を行ったC・ロナウド。これでますます冬の移籍市場に注目が集まりそうだ。

【了】

新着記事

↑top