フランス代表の攻撃力は理不尽。ポグバ不在で輝いた変幻自在な司令塔とは?【分析コラム】

2022年11月23日(水)12時08分配信

シリーズ:分析コラム
text by 小澤祐作 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,

FIFAワールドカップカタール2022 最新ニュース

FIFAワールドカップカタール2022・グループリーグD第1節、フランス代表対オーストラリア代表が現地時間22日に行われた。前回王者のフランスは開始9分に先制点を献上も、これで目が覚めたか、その後は攻守で圧倒。最終的に4得点を奪い快勝した。その攻撃を司っていたのは、あの男だ。(文:小澤祐作)


いきなり失点→目を覚ます


【写真:Getty Images】

 開始わずか9分、アーロン・ムーイのロングボールを収めたマシュー・レッキーがクロスを送ると、ファーサイドのクレイグ・グッドウィンが左足でプッシュ。戦前の予想を裏切り、オーストラリア代表が先手を取った。

【カタールW杯の結果を予想して当選金をゲット!
1試合予想くじ「WINNER」の無料会員登録はこちら!】


 フランス代表の試合への入り方はどこか緩く、この失点シーンも、リュカ・エルナンデスにアクシデントがあったとはいえ、あっさりやられすぎていた。この時点で、アルゼンチン代表対サウジアラビア代表のような展開が頭をよぎった人は少なくなかったはずだ。

 しかし、やはり前回王者の力は半端ではなかった。

 フランス代表は、先制点を奪われたことにより、完全に目を覚ましたと言える。失点後、攻守の切り替えが格段に速くなっており、プレスの勢いも増した。最初からそれをやっていれば…というのはあったが、こうなったフランス代表はもう止まらなかった。

 27分にテオ・エルナンデスのクロスからアドリアン・ラビオが頭でゴールネットを揺らし同点に追いつくと、その5分後に相手のミスを突いたところからオリビエ・ジルーがゴール。前半のうちにスコアをひっくり返した。

 後半もフランス代表の勢いは止まらず、68分にはエースのキリアン・エムバペに大会初ゴールが誕生。71分には再びジルーに得点が生まれ、一気にオーストラリア代表を突き放したのである。

 その後はゴールが生まれなかったものの、あと3点ほどは入っていても不思議ではなかったと言っていい。先制された際にはどうなることやらと思ったが、終わってみれば4-1の快勝。支配率62.4%、シュート数23本、被シュート数4本と圧倒的な内容だった。

1 2 3

新着記事

↑top