Home » サッカー最新ニュース » チェルシーは敬意を欠いている? 守護神が契約延長オファーに不満か

チェルシーは敬意を欠いている? 守護神が契約延長オファーに不満か

2022年12月22日(木)21時05分配信

photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , ,

チェルシー最新ニュース


【写真:Getty Images】



エドゥアール・メンディにミランらが関心

 チェルシーのGKエドゥアール・メンディが、クラブとの契約延長に難色を示しているという。英『ザ・サン』が伝えた。



【今シーズンのプレミアリーグはABEMAで!
14日間無料! いつでもどこでも簡単視聴】


 セネガル代表としてカタールワールドカップに出場したメンディは、すでにチェルシーに合流して練習を再開している。しかし、契約延長についてクラブとの話は進んでいないようだ。

 今季のプレミアリーグで9試合に出場しているメンディは、チェルシーから新たに6年の長期契約を提示されているという。ただ、条件に満足しておらず、敬意を欠いたオファーだと感じているそうだ。

 チェルシーでは、もう1人のGKケパ・アリサバラガが約2倍のサラリーを受け取っており、メンディはせめて同等の条件を求めているという。

 同紙は、メンディに対して、すでにミランやニース、モナコといったクラブが関心を示していると伝えた。メンディはチェルシーとの契約があと2年半残っているが、チェルシーは良い解決策を見つけられるだろうか。

【了】

新着記事

↑top