Home » 海外サッカー » プレミアリーグ » “青田買い”大失敗…。マンチェスター・ユナイテッドで潰れた逸材5人。香川真司の同僚も » Page 4

“青田買い”大失敗…。マンチェスター・ユナイテッドで潰れた逸材5人。香川真司の同僚も

2023年03月21日(火)7時00分配信

シリーズ:青田買いで潰れた逸材5人
text by 編集部 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,

MF:ダヴィデ・ペトルッチ(イタリア)


【写真:Getty Images】

生年月日:1991年10月5日
加入日:2008年7月1日(当時16歳)
所属元:ローマユース(イタリア)
通算成績:0試合0得点0アシスト

 ローマの未来を担うと期待されていたのがダヴィデ・ペトルッチだ。「ローマユース最高の選手」「フランチェスコ・トッティ2世」とまで称された超逸材だった。しかし、2008年にペトルッチはイタリアからマンチェスター・ユナイテッドに移籍している。理由は、トップチームからなかなか声がかからず懸念を抱いていたこと、ローマとユナイテッドのどちらの契約を受け入れるか考える時間を3日しか与えてもらえなかったこととされている。

 ユナイテッドの待遇は“特別”だった。当時17歳の若者に10万ポンド(約1600万円)の年俸を約束しただけでなく、父のステファノにはグラウンドマンとしての仕事まで提供し、イタリアに帰る定期便の費用も負担した。名将サー・アレックス・ファーガソン含め、イングランドの名門がどれだけペトルッチに期待していたか、想像に難くないだろう。

 しかし、ペトルッチがユナイテッドで輝くことはなかった。リザーブチームでのプレーを続けると、トップチームで出場することなくピーターバラにレンタル移籍。その後もロイヤル・アントワープ、チャールトンとレンタル移籍を繰り返した。そして2014年9月に、CFRクルージュにフリー移籍。あれほどの好待遇を受けながら、ユナイテッドではまさかの出場0に終わった。

 イングランドの名門を去った後のペトルッチは、チャイクル・リゼスポル、コゼンツァ、アスコリなどでプレー。2021年からはイスラエルのハポエル・ベエルシェバに所属していたが、先月に退団しており、現在はフリーの身となっている。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top