Home » サッカー最新ニュース » クビ目前!? マンチェスター・ユナイテッドの放出候補(5)20歳の逸材に居場所はない? 弱点あり、序列は低下…

クビ目前!? マンチェスター・ユナイテッドの放出候補(5)20歳の逸材に居場所はない? 弱点あり、序列は低下…

2023年04月14日(金)8時30分配信

シリーズ:クビ目前? 放出候補5人
photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , ,

マンチェスター・ユナイテッド最新ニュース

2022/23シーズンも終盤戦へと差し掛かっている。来シーズンに向けた補強や契約の話題も増えてきた。現在マンチェスター・ユナイテッドに在籍している選手の中で、立場が危うい選手は誰なのか。今回の夏に契約満了を迎える選手を除き、放出候補となり得る選手をピックアップして紹介する(成績は4月9日現在)。


FW:アンソニー・エランガ(スウェーデン代表)


【写真:Getty Images】

生年月日:2002年4月27日
契約期間:2026年6月30日まで
22/23リーグ戦成績:16試合0得点1アシスト


【マンU参戦のヨーロッパリーグを観るならWOWOW!
加入月は視聴料が無料。TV・PC・アプリで視聴可能】


 昨季の終盤戦を指揮したラルフ・ラングニック暫定監督の下で、一時はスタメンの座を掴んでいたアンソニー・エランガだったが、エリック・テン・ハグ体制では、かなり序列が落ちてしまっている。

 エランガはラングニックの“レッドブル流”のサッカーにはフィットする。サボることなく前線からボールを追い続ける献身性が持ち味だ。その一方で、肝心なファイナルサードでのクオリティには難があり、特にシュートは決定機であっても外してしまいがちだ。昨季はシュート21本で2ゴール、今季はシュート10本でノーゴールという結果に終わっている。決定率に換算すると6%ほどであり、これではレギュラー定着は難しい。

 移籍ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、今冬にエランガに対して10のクラブからローン移籍での問い合わせが来ていたそうだ。ユナイテッドが放出を認めなかったことで残留となったが、今冬よりファクンド・ペリストリが序列を上げており、このスウェーデン代表FWの立場はさらに微妙なものとなっている。ローン移籍になるのか、完全移籍となるのかはわからないが、今夏の放出は決定的だろう。

【関連記事】
クビ目前!? マンチェスター・ユナイテッドの放出候補 全選手紹介
クビ目前!? マンチェスター・ユナイテッドの放出候補(1)
クビ目前!? マンチェスター・ユナイテッドの放出候補(2)

【了】

新着記事

↑top